資産の運用方法は?リスクのある商品に投資しなければいけないの?

増やしたいならリスク商品も入れる

個人型確定拠出年金の対象が広がり、ほぼすべての人が何らかの形で確定拠出年金を利用できるようになりました。個人型のいいところは、自分で拠出をして将来の年金を用意できるところでしょう。ただし、その時には運用をしなければいけません。一般的な年金のように将来受ける金額が決まっているわけではなく、自分の運用成績によって将来の年金額が左右されてしまいます。株式等に投資をする投資信託だとそれなりにリスクが高くなりますが、その分増やせる可能性が高まります。公的年金では不安で、その他の貯蓄でもあまり資産を準備できないのであれば、リスクのある商品も組み入れるといいでしょう。すべてをリスク商品にする必要はなく、一部のみでも行えます。

銀行預金や保険商品なども選べる

個人型確定拠出年金制度と比較される制度にNISAがあります。どちらも運用益に対する利益に課税がされない仕組みで、金融機関でも広告などが増えています。NISAでは投資商品は基本的にリスクのある商品が中心になっています。銀行預金や公社債には投資ができません。個人型確定拠出年金では、金融機関を選べばリスクのない商品を選べます。銀行預金といえば元本保証される商品として知られていますが、銀行などならほぼ選べるようになっています。証券会社でも、銀行と提携して選べるようにしてくれているので、絶対減らしたくないなら銀行預金を選ぶと良いでしょう。生命保険会社などなら保険商品が用意されていて、こちらも将来受ける額が決まっている安全商品です。