イデコって聞いたことあるけど、いったい何?

賢明に活用して受取額を増加させることができます

確定拠出年金制度に関しては、2種類がありまして、具体的には、企業括りで契約するタイプの企業型及び一個人で契約するタイプの個人型が存在します。そして、後者がイデコという形で新たな形での制度に生まれ変わっています。イデコにつきましては、企業型確定拠出年金に入っていないサラリーマン、あるいは公務員に加えて、パートタイマーそして専業主婦、または自営業といったありとあらゆる個人をターゲットにしています。公務員に関しましては、制度改正によりまして、既存の共済年金より厚生年金へと移行したことから、受けることができる年金額が減少傾向にあります。そういうわけで、公務員に関しても老後にそなえ、賢明に節税しつつ受取額を引上げることが求められるわけです。

イデコの節税に関する効果と加わる条件

老後のことを考えて自己資金を銀行などに蓄財しても、近頃は金利がほとんど付かないことから、効率化された運用先とは言い切れません。これに対して、個人型確定拠出年金のイデコに関しては、節税をしつつ要領よく老後の貯蓄ができる手段になっています。とりわけイデコの節税に関する効果は決定的なものがあり、積立及び運用、それに受取の段階で節税可能です。積立した際の掛け金は、所得税及び住民税より控除が行われ、運用によって手に入れた利益も非課税です。また、イデコには、企業型確定拠出年金に未加入といった加入条件がありまして、加えて国民年金納付条件が強いられます。従いまして、国民年金の保険料免除がされているケースでは、イデコに入れません。