今なら間に合う老後の生活資金の貯め方とは

老後は個人型確定拠出年金(イデコ)で安心

現時点で働き盛りの年齢の中堅社員でも、多くの人が老後の心配を抱えています。万が一の医療や老後の楽しみなど多くの種類の心配がありますが、それらは大体が老後の生活資金の不透明さから来ているといえます。確かに、公的年金制度が受給者に不利なように改定され続けている傾向にあり、年金受給が開始される年齢も現時点の労働者には確証が持てません。しかし、老後の生活のために打てる手を打たなければ、最低限の生活もままならなくなる可能性があります。そこで紹介するのが、個人型確定拠出年金のイデコと言われる商品です。掛け金をかけておけば、60歳以降年金もしくは一時金で受け取れる商品であり、税制で優遇もされるため注目されています。

イデコを購入するメリットと注意点

イデコを購入(掛け金をかける)するメリットは、税制の優遇を受けられる点にあります。掛け金は全額所得控除の対象となり、運用益も運用益非課税の仕組みが働き課税されません。受給する段階でも、公的年金や退職金などの控除と同等の扱い受けます。さらに、公的年金の2階建て部分の老齢厚生年金を受給できない自営業者は、毎月最大6万8000円イデコに掛け金を投入でき老後に備えることができます。そのため、自営業者でも、老齢基礎年金と国民年金基金、イデコの受給などの組み合わせで老後がある程度見通しがつきます。一方、イデコの注意点としては、信託報酬を資産の運用をする人に支払う点です。受給までの信託期間が長いイデコを購入するときには、信託報酬も注意するとさらに恩恵が得られます。