個人型確定拠出年金のメリットは?デメリットはないの?

税金の優遇があります

確定拠出年金のメリットは、税金優遇があります。 消費税増税、あるいは賃金の削減などで思うままに使用できるお金が減少する場合、税金が安くなることはとてもありがたいです。全額所得控除の対象となりまして、所得税及び次の年の住民税が減ります。 収入より所得税、あるいはや住民税などが引かれた額は所得と呼ばれており、所得に対し税金そのものが必要です。確定拠出年金に対して積立ててた金銭そのものは、所得より引かれることから、所得もその割合に応じ安くなり、所得税も安く済みます。それに加えて、確定拠出年金をマネジメントしている間の収益は非課税です。確定拠出年金の資産運用益には税金がかかりませんので、複利を踏まえての運用が可能となっています。

確定拠出年金のデメリット

確定拠出年金のデメリット としまして、上限が存在します。最高限度月に6万8千円で、年間816000円だけしか積み立てられません。それに加えて、確定拠出年金につきましては60歳に達するまで引き出し不可能です。 それから、確定拠出年金をスタートするために、確定拠出年金に適した口座が欠かせません。こうした口座において管理費という形で取り扱い手数料がかかります。 1年で3000円~4000円程度ですが、30年保全していると、9万円程がかかります。さらに、運用の方法が限られています。確定拠出年金が可能な金融商品に関しては、各社確定しており、パッケージ化して構築しています。 パッケージの中には、定期預金、あるいは投資信託などがあり、好みに合わせて選びます。